Fields Accounting Group フィールズアカウンティンググループ

マンション管理組合税務申告/記帳代行

ここでは、マンション管理組合における税務申告/記帳代行が必要となる背景や課題、解決策をまとめています。

背景

税務当局の課税強化

マンション管理組合が行っている収益事業に対して、税務当局による課税の強化が年々厳しさを増しています。携帯基地局のように積極的に稼ぐ意図のないものから、空き駐車場の外部貸しまで、課税対象になるマンション管理組合は少なくありません。特に住民の高齢化が進むマンションでは益々修繕工事の必要性が増す一方で、積立金の不足を補うための値上げも出来ず、消費税の増税も相俟って、いかに限られた資金でやり繰りするかが重要な課題になっています。コストの削減にも限界があり、次に視野に入ってくるのが積極的な収益事業の展開ですが、往々にして税金の問題が忘れられがちです。

管理会社の標準的な会計システムでは応えきれない

マンション会計に対する管理組合のニーズが多様化し、管理会社の標準的な会計システムではそのニーズに応えきれないケースがあります。そのためにシステムの変更や新たな構築をできない管理会社は、会計業務の一部を外部委託せざるを得ないのですが、委託先はマンション会計の実務に通じた会計事務所でなければなりません。

課題

  • 課題1リーズナブルなコストで管理組合に代わって税務申告を行ってくれる専門家はいないだろうか?
  • 課題2手間とコストを鑑みると管理会社ではとても対応できない。管理会社に代わって会計データを作成してくれる専門家はいないだろうか?

↓

フィールズの解決策とメリット

1.マンション管理組合の税務申告代行 収益事業を行っているマンション管理組合の税務申告を管理組合に代わって税理士が代行します。

メリット
豊富な実績と経験で、迅速かつリーズナブルにサービスを提供します。

2.マンション管理組合の記帳代行 特殊なニーズのあるマンション管理組合の会計データを管理会社に代わって税理士が代行します。

メリット
マンション会計を専門とする公認会計士のアドヴァイスも受けながら質の高いサービスを提供します。

フィールズの強み

マンション管理組合の税務申告で圧倒的な実績

税理士法人フィールズは2004年、日本で最初のマンション管理組合専門の公認会計事務所として設立されたフィールズ共同公認会計士事務所(現:監査法人フィールズ)を中核とするフィールズ・アカウンティング・グループのメンバー・ファームです。マンション管理組合の税務申告では圧倒的な実績を誇り、マンション会計の専門家として管理会社の顧問や記帳代行サービスを提供しています。

※ 2017年8月31日現在

大手管理会社との提携実績

管理会社様との提携により多数のマンション管理組合との取引実績がありますので、非常にスムーズな運用が行えます。現在、フィールズが税務申告業務の提携を行っている主な管理会社は以下の通りです。

提携先一例(敬称略 50音順)
朝日管理株式会社 伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社 グローバルコミュニティ株式会社
株式会社京急リブコ 京阪カインド株式会社 国土管理株式会社
コミュニティワン株式会社 住商建物株式会社 住友不動産建物サービス株式会社
双日総合管理株式会社 大成有楽不動産株式会社 大和地所コミュニティライフ株式会社
株式会社ティエスコミュニティ 株式会社東急コミュニティー 株式会社東京建物アメニティサポート
東洋コミュニティサービス株式会社 ナイスコミュニティー株式会社 日神管財株式会社
日本住宅管理株式会社 日本ハウズイング株式会社 野村不動産パートナーズ株式会社
株式会社ハリマビステム ホームライフ管理株式会社 三井不動産レジデンシャルサービス株式会社
三菱地所コミュニティ株式会社 ユニオン・シティサービス株式会社

本課題に対するフィールズの知見

マンション管理組合の会計監査

マンション管理組合の収益事業と税務

マンション管理組合のどんな活動が課税対象になるのか、申告を怠るとどのようなペナルティが課せられるのか、など気になるポイントを実践に即して解説します。

本課題の専門家

河野 幸久

河野 幸久

公認会計士
税理士
マンション管理士
宅地建物取引士

深野 一朗

深野 一朗

公認会計士
税理士

津村 美昭

津村 美昭

公認会計士
税理士

Q&A

マンション管理組合 税務申告 Q&A
本課題に関するQ&Aは、上記からご確認ください。

ページの先頭へ↑