Fields Accounting Group フィールズアカウンティンググループ

フィールズアカウンティンググループマンション管理組合 会計監査のブログ

(コラム)管理組合と管理会社の望ましい関係

2018/7/4

ある管理組合の総会で「理事会は管理会社の言いなりになっているだけだ!理事会は管理会社が変なことをしないように、厳しくチェックしてほしい」と発言されている方がいた。
この方は「管理会社はミスもするし、組合に不利なことをする会社」と考えているようだが、果たしてそうだろうか?

一般の管理組合の場合、管理委託契約を管理会社と締結し、管理業務を委託している。
管理組合は管理会社に管理業務を委託しない、いわゆる自主管理を選択することもできるが、面倒も多いのでそれもしたくないから、管理会社に委託し続けている。
それならば管理組合は、管理会社と敵対関係になるのではなく、協力関係を構築しなければならない。

私は管理組合と管理会社は、国会と役所のような関係だと考えている。
役所は時にはミスもするが、役所をうまく利用しなければ国の運営はできない。とはいえ国会は役所に任せきりにするのではなく、その業務の監視もしなければいけない。
管理組合と管理会社も、決して敵対するのではなく、適度の緊張関係を保ちつつ、お互い協力し、居住者のために機能すべきではないだろうか。

ページの先頭へ↑